コラム

Googleウェブマスターツールに沿ったURLの正規化(後編)

前編では、URLの正規化についてご説明しましたが、後編は正規化の設定方法についてご説明させていただきます。

※Googleウェブマスターツールのヘルプページを元に作業の内容を確認していきます。

正規化の設定は複数の方法をすすめており、どれも必須ではないですが簡単に行えるものを記載しておきますので、どれか一つ以上を設定しておきましょう。

 

まず一つ目は使用するドメインをウェブマスターツールで設定する方法です。

使用するドメインを設定すると、そのドメインがGoogleに通知され、優先的に使用するドメインになります。

例えば、http://e-seisaku.biz を使用するドメインに設定すると、http://www.e-seisaku.biz に接続しても使用するドメインと全く同様に扱われます。

 

具体的な設定方法は

1、ウェブマスターツールを開きます。

2、今から設定するドメインをクリックします。

3、サイドメニューの「設定」ボタンから「設定」をクリックします。

4、開いたページから「使用するドメイン」の場所で自分が優先するドメインをクリック(例 e-seisaku.biz)

5、「保存」ボタンをクリックします。

columns1

以上で設定は終了です。

※この設定を行う際、「使用するドメイン」の選択ボタンがグレーになっていてチェックできない場合があります。その時はウェブマスターツールにて「e-seisaku.biz」「www.e-seisaku.biz」どちらのURLも登録されているか確認してください。もしどちらか一方しか登録がない場合、もう一方のドメインも登録してからもう一度作業を行ってください。

 

二つ目の方法は、利用している複数のページすべてにcanonicalリンクを指定する方法です。

例えば

1、http://www.example.com/dresses/greendress.html

2、http://example.com/dresses/cocktail?gclid=ABCD

3、http://example.com/shop/index.phpproduct_id
=32&highlight=green+dress&cat_id=1&sessionid=123&affid=431

があり、「1」を使用するドメインとした場合、

「2」「3」の <head>セクションに以下の情報を追加します。

<link rel=”canonical” href=”http://www.example.com/dresses/greendress.html”>

 こうすることにより、「2」「3」のURLでは「1」を使用するドメインとして参照する事をGoogleに通知します。

※canonicalページとは、複数の類似した内容のページの中で優先されるページです。

 

三つ目の方法は、301リダイレクトを使用する方法です。

イースマイルでも設定しています。

1、http://e-seisaku.biz/

2、http://www.e-seisaku.biz/

3、http://e-seisaku.biz/index.html

4、http://www.e-seisaku.biz/index.html

 

「1」から「4」までどのURLからアクセスしても

301リダイレクトを使用し、「1」のURLにリダイレクトします。

自分の目で確実に誘導することを確認できるため、.htaccessが利用できるサーバーであれば、是非この301リダイレクトをお勧めいたします。

設定方法としては

windowsに付属しているメモ帳ツールなどに以下のコードを記述し、a.htaccess(拡張子無し)で保存します。

RewriteEngine on

RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(example\.com)(:80)? [NC]

RewriteRule ^(.*) http://www.example.com/$1 [R=301,L]

RewriteCond %{THE_REQUEST} ^.*/index.html

RewriteRule ^(.*)index.html$ http://www.example.com/$1 [R=301,L]

 

※「http://www.example.com」の箇所に使用するURLを入力します。

 

サーバーのルートディレクトリにアップした後、ファイル名を「.htaccess」に変更します。

これで設定は完了です。

動作確認を行ってください。

 

以上、三つの方法を今回はご説明させていただきました。

その他にも方法はありますが、これらのうちどれかを設定しておけば問題ないかと思われます。

Googleでも説明していますが、正規化というのは必須項目ではありませんので、設定できていないからといって慌てる必要はありません。できる方はやっておく事をお勧めいたします。

このたびは、前編・後編にわけてURLの正規化についてご説明させていただきました。


全国対応

イースマイルでは、ホームページの制作に関するお打ち合わせや、使用する資料の受け取りなどを『電話』『メール』『インターネット』『FAX』 などの通信手段を利用して行います。お客様の貴重な時間を割いての訪問によるお打ち合わせや資料の回収を行いません。
それにより、空いた時間に資料の確認等ができ、さらには出張費・交通費などの余分な経費がかからないため、コストを抑えた格安ホームページの制作が可能となっております。