コラム

スマートフォン対応サイトのホームページにPCサイト並みのページボリュームは必要か

昨今、スマートフォン画面に対応したサイズでのホームページが増えてきています。

 

それもそのはず。 携帯を利用している人の半分以上はスマートフォンを活用しており、近いうちにインターネットの利用がPCを超えるとも言われています。

 

そのため、大手のショッピングサイトやポータルサイトなどはすでにPC、スマホ、タブレットと3つの画面に対応するサイトに分けてホームページを管理しています。

 

システムなどで管理できるところもありますが、どうしても人為的な作業も必要となる為、管理は大変になっていると思います。

 

では通常、私たちのような中小企業でそこまで細かく分けたサイトの管理が必要かと言われると、
NO」だと思います。

 

例えば、10ページのPC向けのホームページがある場合、スマホサイトも10ページ必要かと言われるとそうではありません。

 

なぜなら スマートフォン利用者の多くは外出時での利用となります。 スマートフォンの画面は小さいため、ホームページに掲載されている詳しいサービス概要や多くの文字量のあるコンテンツをみるには不向きなのです。

 

ではどういった情報を閲覧しているかといいますと 例えば飲食店の情報をスマホで見る場合、 予約を取る為の電話番号であったり、場所を調べるための住所や地図であったり、食事のジャンルや口コミなどに掲載されている評価などを見る為に利用します。

 

料理の画像であったり、食材についての詳しい情報やこだわり、コンセプトなどの詳細な情報はあまり見ません。 そういった情報は多くの場合、画面の大きいPCやタブレットで時間をかけて見る情報なのです。

 

外出先では長時間ホームページを見る事はあまりなく、必要な情報だけを短時間のうちに調べる利用者が多いのです。

 

ですので、スマートフォン対応サイトを制作する場合は、 先ほど述べた内容を元に、業種により内容を考えスマートフォン利用者に特化した内容の情報を掲載していきましょう。

 

スマートフォンでどうしても詳しい情報を見たい場合は、PCサイト用のホームページを見ればよいのです。 それらを促すボタンを用意しておけば問題ありません。

 

イースマイルでスマートフォン制作をご依頼頂いた場合、まずは少数ページでの制作をおすすめしております。制作費も抑えれますので。 もちろん、詳しく掲載を希望の場合はそれにあわせた制作も可能です。

 

まずは、ご相談いただけましたらお客様にとってベストな制作方法をご提案させていただきます。

 


スタッフ紹介ページの更新と、うまく活用する方法について


このたび、イースマイルのホームページでスタッフ紹介ページを新しく更新しました。
イースマイルでは常日頃スタッフ紹介ページを更新しています。
 
それは何故か。
どうして必要か。
 
ここでは、スタッフ紹介ページの必要性について考えてみたいと思います
 
 

ホームページに掲載するスタッフページとはどういった効果があるでしょうか。

一言で言うと
「インターネット上では見えづらい会社内のリアルな実状をみせる事ができるページ」
となります。
 
 
通常、会社概要のページはほとんどの企業に掲載されています。
・この会社はどんなサービスを行っているのか。
・どんな場所で働いているのか。
・経歴は?代表者のあいさつは?
など、会社概要を見ればある程度想像できます。
 
しかし、それらは全て外見的・表面的な部分でしかありません。
 
「いつも電話で話をしているあの人はどういった性格なのか」
「どのような人たちと働いているのか」
「どんな事が得意か」
「どういった環境で働いているのか」
「他に相談できることはないか」
 
などなど、会社概要だけでは表す事のできない部分に関してアピールしていくともっと良いホームページになります。
ホームページを閲覧しにくるお客様はそういった部分もよく観察しています。
実際の店舗と違い、ホームページはお店の雰囲気を理解するのに若干難しい部分があります。
「見せかけだけよくても中身がしっかりしてるのかな・・」
こういった不安は誰しもが持っています。
 
そのような点を解消してくのに、スタッフ紹介ページは大きい効果を発揮します。
ホームページを閲覧しにくるお客様に少しでも不安を取り除いていく事が会社の信頼へと繋がっていくのです。
 
スタッフ紹介ページに掲載する項目の例をいくつか挙げてみます。
 
・スタッフ写真の掲載
「いつも電話で話しているあの人どんな人?」
「どんな人と仕事するんだろう・・」
 気になりますよね。私も気になります。
 そこで一番良いのはスタッフの写真を掲載する事です。顔がわかるだけでも凄く身近に感じるものです。
 年齢などもある程度わかるので話などもし易くなります。
 掲載されているスタッフ側も見られている意識があるので接客の向上につながります。
 掲載するときは、笑顔などを取り入れるともっと印象が良くなるでしょう(いいスマイルで)
 20130201-1
 
・インタビュー記事の掲載
 趣味は?好きなものは?自分のアピールポイントは?
 インタビュー形式にしてどんどん掲載していきましょう
 「あなたも釣り好きなんですか?いや〜私も大好きなんですよ。釣り好きには悪い人はいませんよね。あはははは」
 こんな会話が生まれます。
 とても親近感が湧いてきますよね。
 お客様へどういった意気込みでサービスを行うかなどのコメントも詳しく掲載していきましょう。 
 20130201-2
 
・ブログによる日常生活の掲載
 私生活のリアルな部分を掲載していきます。
 旅行に行ったり、趣味をしたり、おすすめ所を教えたり。
 仕事以外でもどんな人柄なのかわかってきますよね。
 こういった部分でも親近感がでてきます。
 どんどん更新していきましょう。
 20130201-3
 
以上の3項目を掲載するだけでもしっかりしたスタッフ紹介ページが出来上がります。
その他にも掲載したいものがあれば出し惜しみせずどんどん掲載していきましょう。
 
ビジネスツールとしてばかり考えると少しいやらしい感じもしますが、会社のスタッフにとってもプラスになる部分は多いにあると思います。
「ホームページを通してお客様が見ている・・頑張らないと」
とやる気を起こす事ができ、楽しく追加、更新してけるのです。
 
いろいろな面で考えてもスタッフ紹介ページは企業のホームページにとって必要であると考えます。
 
スタッフ紹介ページの掲載やリニューアルなどをお考えのお客様はイースマイルにご相談ください。
制作スタッフと共に良いホームページ作りを目指していきましょう。

 


Googleウェブマスターツールに沿ったURLの正規化(後編)

前編では、URLの正規化についてご説明しましたが、後編は正規化の設定方法についてご説明させていただきます。

※Googleウェブマスターツールのヘルプページを元に作業の内容を確認していきます。

正規化の設定は複数の方法をすすめており、どれも必須ではないですが簡単に行えるものを記載しておきますので、どれか一つ以上を設定しておきましょう。

 

まず一つ目は使用するドメインをウェブマスターツールで設定する方法です。

使用するドメインを設定すると、そのドメインがGoogleに通知され、優先的に使用するドメインになります。

例えば、http://e-seisaku.biz を使用するドメインに設定すると、http://www.e-seisaku.biz に接続しても使用するドメインと全く同様に扱われます。

 

具体的な設定方法は

1、ウェブマスターツールを開きます。

2、今から設定するドメインをクリックします。

3、サイドメニューの「設定」ボタンから「設定」をクリックします。

4、開いたページから「使用するドメイン」の場所で自分が優先するドメインをクリック(例 e-seisaku.biz)

5、「保存」ボタンをクリックします。

columns1

以上で設定は終了です。

※この設定を行う際、「使用するドメイン」の選択ボタンがグレーになっていてチェックできない場合があります。その時はウェブマスターツールにて「e-seisaku.biz」「www.e-seisaku.biz」どちらのURLも登録されているか確認してください。もしどちらか一方しか登録がない場合、もう一方のドメインも登録してからもう一度作業を行ってください。

 

二つ目の方法は、利用している複数のページすべてにcanonicalリンクを指定する方法です。

例えば

1、http://www.example.com/dresses/greendress.html

2、http://example.com/dresses/cocktail?gclid=ABCD

3、http://example.com/shop/index.phpproduct_id
=32&highlight=green+dress&cat_id=1&sessionid=123&affid=431

があり、「1」を使用するドメインとした場合、

「2」「3」の <head>セクションに以下の情報を追加します。

<link rel=”canonical” href=”http://www.example.com/dresses/greendress.html”>

 こうすることにより、「2」「3」のURLでは「1」を使用するドメインとして参照する事をGoogleに通知します。

※canonicalページとは、複数の類似した内容のページの中で優先されるページです。

 

三つ目の方法は、301リダイレクトを使用する方法です。

イースマイルでも設定しています。

1、http://e-seisaku.biz/

2、http://www.e-seisaku.biz/

3、http://e-seisaku.biz/index.html

4、http://www.e-seisaku.biz/index.html

 

「1」から「4」までどのURLからアクセスしても

301リダイレクトを使用し、「1」のURLにリダイレクトします。

自分の目で確実に誘導することを確認できるため、.htaccessが利用できるサーバーであれば、是非この301リダイレクトをお勧めいたします。

設定方法としては

windowsに付属しているメモ帳ツールなどに以下のコードを記述し、a.htaccess(拡張子無し)で保存します。

RewriteEngine on

RewriteCond %{HTTP_HOST} ^(example\.com)(:80)? [NC]

RewriteRule ^(.*) http://www.example.com/$1 [R=301,L]

RewriteCond %{THE_REQUEST} ^.*/index.html

RewriteRule ^(.*)index.html$ http://www.example.com/$1 [R=301,L]

 

※「http://www.example.com」の箇所に使用するURLを入力します。

 

サーバーのルートディレクトリにアップした後、ファイル名を「.htaccess」に変更します。

これで設定は完了です。

動作確認を行ってください。

 

以上、三つの方法を今回はご説明させていただきました。

その他にも方法はありますが、これらのうちどれかを設定しておけば問題ないかと思われます。

Googleでも説明していますが、正規化というのは必須項目ではありませんので、設定できていないからといって慌てる必要はありません。できる方はやっておく事をお勧めいたします。

このたびは、前編・後編にわけてURLの正規化についてご説明させていただきました。


Googleウェブマスターツールに沿ったURLの正規化とは(前編)

2010年12月からYahoo!とGoogleの検索順位の結果はほぼ同じとなっています。

このコラムは2013年1月の投稿ですから逆算すると2年以上たったことになりますが、皆さんご存知だったでしょうか?

順位が同じと言ってもお互いの検索順位を平均的にまとめた訳ではなく、

Yahoo!がGoogleの検索システムを利用した為どちらも同じ順位になったのです。

それからというもの、ホームページ作成業者が行うSEO対策のほとんどはGoogleを基準にした考え方となり、Googleの仕様に則った対策を行うようになりました。

Googleの検索結果に表される順位の付け方にはGoogle独自の理論(アルゴリズム)があり、それらを元にした仕様や設定方法の多くはGoogleのウェブマスターツール(www.google.com/webmasters/tools/?hl=ja)で確認することができます。

ウェブマスターツールとは、Googleと相性のよいサイトにするのに役立つデータ、ツール、診断が利用できるGoogle独自の無料ツールです。

前置きが長かったですが、

このウェブマスターツールに掲載されている「URLの正規化」について今回はご紹介させていただきます。

【1.URLの正規化とは】

多くのサイトは同じサイトやファイルに複数のURLからアクセスできるようになっています

リンクの人気度などのデータを統合するには、ページの優先バージョンとして使用する URLを指定することをおすすめしています。 Google では、最も良いと判断する URL を canonical <カノニカル>URL と言います。

例えば、イースマイルのHPを例にしてみましょう。

1、http://e-seisaku.biz/

2、http://www.e-seisaku.biz/

3、http://e-seisaku.biz/index.html

4、http://www.e-seisaku.biz/index.html

4つほど用意してみました。

試しに4つともクリックしてみてください。

このようにアドレスの表記の一部が若干ちがいますが、クリックするとすべて同じサイトに飛びます。

これが、複数のURLからアクセスできるという意味になります。

これら4つのサイトをあるブログで紹介したとします。

ブログA → 1を紹介

ブログB → 2を紹介

ブログC → 3を紹介

ブログD → 4を紹介

通常、Googleでは別サイトでの紹介(被リンク)が多ければ多いほど、そのサイトは「人気サイト」であり、検索結果の上位へ表示されSEOに強いホームページとなります。

仮にここでは「人気SEO効力」とします。

これら4サイトとも飛んでいくサイトはすべて同じページです。

私たちホームページの利用者にとっては何も変わりません。

4つのブログから、イースマイルのホームページ1サイトを紹介しています。

しかしGoogoleの検索結果でこれら4つのURLを全く別のサイトだと認識しまったらどうでしょうか

4つのブログから、各サイト1つずつ合計4サイト紹介していると誤認してしまった場合です。

せっかく4つのブログから紹介されているのに、Googleの検索エンジンにはイースマイルのそれぞれのページが1つずつブログで紹介されているという認識になってしまうのです。

リンクの人気度が減少し、ページのSEO効力が4分の1になってしまうということですね。

ブログA → 1を紹介(人気SEO効力25%)

ブログB → 2を紹介(人気SEO効力25%)

ブログC → 3を紹介(人気SEO効力25%)

ブログD → 4を紹介(人気SEO効力25%)

※わかり易く四分割でイメージしていますが、本来のGoogleの分析結果は公表されていません。

このように4つに効力が分散しないよう、

1つのサイトに統一する必要があります。

例えばブログAを統一するURLとします。(canonical URL

ブログA → 1を紹介(統一するURL)(人気SEO効力100%)

ブログB → 2を紹介(使用しないURL)→1を紹介

ブログC → 3を紹介(使用しないURL)→1を紹介

ブログD → 4を紹介(使用しないURL)→1を紹介

※使用するURLを1(http://e-seisaku.biz/)に統一し、人気SEO効力を100%に持っていきます。

これが、「URLの正規化」です。

前半はここで終了です。

後半は正規化の設定方法がいくつかありますので、それらを1つずつ説明していきます。


ブログによる更新・ページ追加について

ブログでの更新・ページ追加は行った方がいいのか。 コストダウン・時間短縮になっているのか。

最近では、ブログ機能を使ったホームページを利用することにより新着情報の更新や新しいページの追加が自分で行え、業者を使わないことによって、コストや時間を抑えることができると記載してあるサービスをよく見かけます。

本当にそうでしょうか?

二つにわけて考えてみます。

一つは新着情報の更新についてです。

こちらに関しては、普段からブログやメールを利用している人であれば簡単に行うことができ、時間もかからず、自分が更新したい時にリアルタイムで更新できます。時間を問わず更新できるので、突然の告知やお詫びの連絡など慌てることなく発信ができます。 さらに懇親会や社員旅行などの社内の出来事や、ご自分の趣味や近況報告も併せて掲載することによりホームページを閲覧しにきたお客様に会社の雰囲気を感じてもらい安心感や親近感を与えるのでどんどん活用していくことをお勧めいたします。

もう一つはページ追加です。

ブログには、ページを追加できる機能も備わっています。

例えば、新商品を発売したのでそれに関してアピールするページを作成するなどです。 ブログを利用すれば、ページ追加は簡単に操作可能です。ボタンを押すだけで簡単にページが追加できるからです。 しかし、その後が問題です。ページのレイアウトを構成し、新商品の画像を貼付け、文章を入力し、幅を合わせ、それをホームページで確認し・・・。 いったい何時間作業が必要になるでしょう。

しかも、普段はめったに使わないHP制作のソフト(ペイント、Photoshop等)を使用し、画像を切り貼り。ピクセルやポイントなど普段聞かない用語を調べながらホームページを操作していく・・。

考えただけで大変ですね。

なぜ大変か。

それは、お客様の専門職ではないからです。

例えば1日かけてページを作成したとします。

よく、ホームページ制作会社の売り文句で、「自分で更新できるから0円」と打ち出した広告を見る事があります。 しかし、本当に0円なのでしょうか。 その1日をお客様の専門職の時間にあてる方が結果的に売り上げが増えたり、顧客が増えたりと、逆にお得なのではないでしょうか?

弊社にページ追加作業を申し込みいただくと、1万5千円かかります。 しかし、お客様は必要な資料だけお渡しいただくだけ後はなにもする必要はございません。

ページが出来上がる間、ご自分の本業に集中していただくことができるのです。 しかも出来上がったページは本職が作ったものですのでとても奇麗なページに仕上がります。 販売する商品もとても魅力のある商品だということがわかるようなページになっていると思います。

そう考えると、わかることは

1、更新作業はブログを利用しても良い。

2、ページ追加はプロに任せてお客様は本業に専念した方が良い。

ということです。

もちろん、更新作業もプロに任せたいというお客様はそれでも全く問題ありません。 弊社では更新をご依頼いただいた場合、早くて当日、遅くても1〜2営業日以内で更新が可能です。 しかも、キレイで丁寧です。 しかも、月々の利用料に更新費用は含まれていますので、費用もかかりません。

どういった方法が自分の会社に適しているのか。 よくわからない場合は弊社サポートダイヤルにお問い合わせください。 専門の担当者からアドバイスをさせていただきます。


ブログを使ったSEO対策は効果があるのか?

最近、よく見かけるのがブログを利用したホームページです。

このブログを利用したホームページには利点があるとよく記載しています。

・自分で更新ができる
・自分でページが作れる
SEO対策に強い

などの利点がありますが、 このたびは「SEO対策に強い」に重点をおいて話をしてみたいと思います。

はたして本当にSEO対策に強いのでしょうか? これには、大きく分けて二つの答えがあると思います。

1、ライバルが少ない場合、ある程度は効果的
2、ライバルが多い場合、ブログだけでは効果は薄い

です。

ライバルが多いか少ないか、Yahoo!、Googleの検索エンジンを使い、 その検索結果で判断します。

たとえば、よくお申し込みやお問い合わせをいただく「整体」という業種で考えてみます。

整体」 だけで検索するとYahoo!、Googleともに424,000,000件(4億以上)のホームページが出てきます。

これらがすべてSEO対策の「ライバル」です。多いですね、この4億以上の件数の中でブログを使うだけでトップになるのは至難の業です。SEO対策の技術を色々駆使しても10位以内に入れるかは微妙です。

しかし、「整体 岩国市」で検索するとYahoo!は113,000件Googleは106,000件になります。
※岩国市とは、イースマイル本社の住所です。

どうでしょうか?ライバルがかなり減った事がわかります。

この場合、「岩国市」というキーワードがポイントになります。 インターネットを利用して整体に行く人は、ほとんどの人は県外の情報は必要ないのです。 このように地域密着型の業種であれば、○○区、○○市、○○町の情報だけでいいのです。 地域名を入れる事によって、ターゲットを絞りライバルを減らしています。 このように、ブログを利用してSEO対策を行う場合は、 やみくもにトップを狙うのではなく、無理のないライバル数を選定したキーワードで行う事が重要となってきます。

イースマイルのお客様である、「リラクゼーション整体癒快」様も「整体 岩国市」でYahoo!、Googleともに10番以内へランクインしております。ブログは、無料で利用できるフリーブログを使っています。

ですので結論を言いますと、

SEO対策にブログを利用するのは良い。 ただし、無理のないライバル数を選定したキーワードで行う。

ということになります。 ただし、地域をターゲットせず、「整体」というキーワードだけでSEO対策を行いたいというお客様もいらっしゃいます。その場合、イースマイルでは他の方法をお勧めしております。

SEO対策の方法や、キーワードの選定などでよくわからない場合は、イースマイルへご連絡ください。 担当者がお客様の業種に併せた方法を選定させていただきます。


コストを抑えた無理のないSEO対策の進め方

SEO対策は今やホームページを運営するにあたって欠かせないツールとなっています。

せっかく良いホームページを作ってもそれを見てもらわないと意味がありません。

SEO対策を行う事により、Yahoo!、Googleで検索順位を上げ集客に導くというのが一般的な流れになっていますが、SEO対策にはどのくらいの費用がかかるのかわからない方も多いのではないでしょうか。

ここでは、SEO対策をどの程度行えばいいのか、ステップにわけて考えてみました。

ステップ1 業種・サービス内容を確認し、上位表示が行えるような無理のないキーワードを選定する。

Yahoo!・Googleにて検索順位トップ10を狙います。
トップ10に入ると、検索結果の1ページ目に自社サイトが表示されます。1ページ目に表示されることにより、ホームページへのアクセス数が大幅にアップします。ですので、まずはトップ10に表示させることを目標に無理のないキーワードを選定します。

ステップ2 選定したキーワードを元に、ホームページ制作時に内部SEO対策を行う。

W3Cに準拠したhtml言語とcssにてホームページを作成。 その他主な作業として ・キーワードを含んだホームページタイトルの作成 ・メタキーワード、メタディスクリプションに設定したキーワードを埋め込む作業。 ・サイトマップの作成 等を行います。

ステップ3 順位の動向を確認。選定したキーワードによって検索順位がかわってきます。

Yahoo!、Googleの仕様によって検索順位が上がってくるまでに1ヶ月〜最大6ヶ月程度時間がかかる場合があります。 1ページ目に表示されるかを確認します。

ステップ4 1ページ目に表示されているか、されていないかでその後の作業内容が変わります。

ステップ4−1 1ページ目の表示が成功した場合 →「そのまま継続」

1ページ目の表示が成功した場合はそのまま運営サポートを利用した定期的な更新作業を行い良好なHPを継続させます。さらにアメブロなどのフリーブログを利用し、継続的な更新を行いアクセス数アップを狙うのもお勧めです。 ※ここまでの作業で1ページ目に表示された場合、費用はかかりません。

ステップ4−2 1ページ目には外れたが、近い順位までアップ → 内部ブログシステムを追加して更新を行う

内部ブログシステムを導入し、新着情報ページ数とキーワードを増やしていく。
(ブログを使った更新はお客様で行っていただく作業となります。) ※有料です。

ステップ4−3 思うような順位がでない → さらに本格的なSEO対策を利用することを検討する

内部対策・外部対策同時進行。アルゴリズムに沿った被リンクの設置や定期的な診断結果を元にアドバイザーが毎月対策を考えていきます。 ※有料です。

以上が、SEO対策のステップになります。 時間がかかる場合もありますが、長期的なスパンで上位表示を目指していきます。 お客様によって、どれだけSEO対策が必要かは様々ですので ご不明な場合はイースマイルサポートセンターまでご連絡ください。

 


「ビッグキーワード」をブログでSEO対策ができるのか

ビッグキーワード」をブログでSEO対策ができるのか・・・

答えは「no」に限りなく近いと思います。

なぜなら検索エンジンに「ビッグキーワード」で上位表示させるというのは決して簡単ではないからです。

SEO対策は大きくわけると、「内部対策」「外部対策」にわかれるのですが、ブログを利用したSEO対策というのは「内部対策」が主となり、SEO対策の一部となります。 この内部対策だけで上位表示をねらうということになります。 しかも、定期的に更新や追加を行わなければならないので、やる気・根気が必要となります。さらには対策を行うキーワードを意識したブログとなるので、文章がしつこくなったり自分が本当に書きたい文章ではなかったり、さらには、ある程度専門知識が必要となるためホームページやSEO対策について日々勉強していかなければなりません。

これらを行いながら、「外部対策」についても研究し、それらについても強化を行い・・・ これらをすべて完璧に行おうとすると、肝心の本業から手が離れてしまい、ホームページやseo対策のことばかり詳しくなり、本来ホームページで集客したお客様にたいしてのサービスなどはそっちのけになり、ホームページを見に来たお客様へのフォローを忘れ、顧客にはならなかったというような、いわゆる本末転倒になってしまうのではないでしょうか。

大げさに言ってしまうと、それだけ知識がそろうのなら、SEO対策会社を設立してそれをサービスにしたほうが良いのでは?という結果になります。

ただし誤解しないように申し上げますが、ブログという機能はSEO対策にも効果があり、決してお客様でできないものではありません。ブログでのSEO対策も一緒に行うことで更に上位表示を狙えるホームページになります。

ですので弊社ではブログ機能は「ライバルの少ないニッチなキーワード」のSEO対策の一つのツールとしてお使いいただくことをお勧めしております。 ※ブログの上手な利用方法については、こちらをご覧ください 本格的なSEO対策が難しいという観点は他にもあります。

「SEO対策」というキーワードでヤフーやグーグルで検索してみるとわかると思うのですが、seo対策という業務をサービスにするだけで経営が成り立っている会社はたくさんあります。

逆に言えば一個人ではできないもので、色々な機能を設け、人材をそろえ、知識を増やし、サービスとしての対価をいただく。 そう考えるだけで、それだけ難しいことだということがわかります。

長い文章となってしましましたが、結局どういう選択がベストかと言うと、

「ビッグキーワードのSEO対策はプロに頼んだ方が良い」

ということなのです。 弊社がおまかせパックの中で無料で行うSEO対策は「内部対策」が主となり、ホームページを制作する際に「W3C」と呼ばれるホームページの仕組みを作った大元の団体が定めたルールを遵守し、正しく設定し、ホームページを立ち上げたときに内部対策の一部として検索エンジンに「ひっかかりやすくする」ための作業を行います。

しかし、先ほどの説明でもあったように、それだけで上位に表示されない場合、次の手段として「外部対策」を行う必要があります。

ホームページが検索エンジンに安定して表示されるまでの期間としては、早くて一ヶ月、遅くて半年以上かかります。 周りにライバルが少ない会社、および設定したキーワードが特殊なもので他に設定しているサイト自体が少ないものの場合、弊社で行った「内部対策」のみで検索上位になる場合もあります。

実際、お客様の中でもそれだけで上位表示されるサイトも数多くいらっしゃいます。 しかし、そこで上位表示が難しかった場合、弊社では有償サービスにてSEO対策を行っております。

最近では、ホームページ作成と同様、SEO対策も必須項目となっています。 ライバルの多いビッグキーワードを狙う場合、内部対策やブログだけで検索エンジンに上位で表示させるのは、ほぼ不可能です。

そこから先のSEO対策に関してはプロに任せてお客様のホームページを上位に表示させるための対策を本格的に行う事が必要となります。 弊社が有償で行うSEO対策はヤフー、グーグルで検索したとき1ページ目に掲載される確率は92%です。 SEO対策に関しても弊社サポートダイヤルでお受けしておりますので、ご不明な点やもう少し詳しく説明を聞きたい場合はお気軽にお問い合わせください。

イースマイルでは、ホームページは作るときも、作った後も継続して効果がでるようにし、お客様へのお役に立てるようサポートしています。


全国対応

イースマイルでは、ホームページの制作に関するお打ち合わせや、使用する資料の受け取りなどを『電話』『メール』『インターネット』『FAX』 などの通信手段を利用して行います。お客様の貴重な時間を割いての訪問によるお打ち合わせや資料の回収を行いません。
それにより、空いた時間に資料の確認等ができ、さらには出張費・交通費などの余分な経費がかからないため、コストを抑えた格安ホームページの制作が可能となっております。